リフォームを行うと

住宅と介護が必要になる年齢を
じっさい、私の書斎の入口が狭くてコピー機を搬入することができず、ついに新しい機械を買い入れなければならなくなったという苦い経験もしました。以前、イギリスのさる老博士の家で、電動階段椅子を取り付けてあるのを見て、乗せてもらったことがあります。が、高齢になってくると、こういったものも必要になる可能性があります。いまはまだ若くて元気だというならば、もちろんすぐにつける必要はありません。けれども、十年、二十年後には、確実に老いがやってきて、階段の昇り降りが大きな負担になってくることは目に見えています。
現代に通じる建築
この避けがたい将来に備えて、階段椅子やエレベーターといった補助的な装置を予め想定しておく必要もあると思います。そのためにも、階段はできるだけ直線に取ったほうがいいし、そうでない場合も、幅を1メートル五十から二メートルぐらいで広めにとったほうがいいと思うようになりました。これは経験から割りだした教訓です。高齢化時代を見据え、自分が年をとってもこの家にずっと住むということを前提に、考えていくということが、いま求められているのです。長いスパンで家造りを11+1世紀型「三種の神器」、地下室、屋根裏·太陽発電最後に、これからの家としてぜひ造ったほうがいいとお薦めするものが三つあります。

マンションに込めた思いは木の家
そうした願いを引き受けて、この石油会社の本社ビルは新都心に建設された足元には大きなショッピングセンターが広がっている。ただし、これだけがずば抜けて高いために、周囲に比較できるようなビルがなく、下から見上げても世界一という実感は湧かない設計は、アメリカの建築家シーザー·ペリが担当した。彼は日本でも作品が多く、最近は東京·港区の愛宕グリーンヒルズや大阪の新国際美術館などを手がけている。ペトロナス·タワーの外観はガラスとステンレス·スチールに覆われた未来的なデザインである。そして二つのタワーを空中ブジで結ぶ。テクノロジーだけが強調されるのではない。しかし、国家を背負う建築だけに、マレーシアの独自性も要求された。では、いかにローカルとグローバルの感覚を同時に表現するのか。リペリは、アメリカやヨーロッパでも建てられるように見えてはいけないのであって、なにかしらマレーシアに帰属するように思われなければならない。それゆえ最も重要な目標は、その場所に属する固有の性格によって、タワーを設計することだ」と語っている。

建築士の資格が必要なケースは木造
マンションでは子ども用説明会を開催しているが予定していないのかと言われました

床は突板かシートフローリング、壁と天井はビニールクロス、アクセントにタイルやエコカラットというのが基本です。から、無垢フローリングや珪藻土、漆喰などは全く使いませんでした。テイストとしては、ていませんモダンやナチュラル、クラシック、塩系なインテリアをコーディネートしましたが、自然素材は扱っ自然素材は施主からの希望がなかったというのもあります。が、向けたと思います。あったとしてもデメリットを並べてやめてもらうように仕私自身は自宅に珪藻土を使っているくらいなので自然素材は好きなのです。が、て頂けるか自信がありませんでした。自社の施工レベルを考えると施主に満足し例えば無垢フローリングは湿度により伸縮します。ので、壁との間も5mm程度あけます。施工時はフローリングの間に名刺一枚程度のすき間を開け、また業界では常識です。が、無垢フローリングを扱ったことのない監督や大工です。と、いつものように施工して、床が反り、大クレームになる可能性もあります。